長野県のドローン飛行許可申請ならアロー行政書士事務所へ!

松本城(長野県)

あらゆる産業でドローンの活用が進められています。長野県でもドローンを使った空撮や農業、建設、測量、点検などでの利用で需要が高まっています。しかし、ドローンの飛行が増える一方で、違反による罰則・書類送検事例なども増えています。アロー行政書士事務所は、豊富な専門知識を活かし、長野県でのドローン飛行許可申請やドローン活用をスムーズに進めるお手伝いをしています。

お困りのことがあれば、気軽にご相談ください。

※ドローンに関する規制や各自治体、施設管理者が定めるルール、申請様式は頻繁に変更されています。本ページも最新の情報を提供するよう努めておりますが、すべてをタイムリーに更新することが難しい場合があります。そのため、飛行させる前には必ず最新の情報を確認してください。また、必要に応じて相談サービス等をご利用いただけましたらと思います。

飛行許可承認申請が必要になるのはどんなとき?

長野県であるかどうかに関わらず、そもそも航空法における飛行許可承認申請が必要となるのは、特定飛行に該当する場合です。
※ドローンの機体重量が100g以上であると想定しています。

  1. 高度150メール以上での飛行
  2. 空港等の周辺での飛行
  3. 人口集中地区(DID)の上空での飛行
  4. 緊急用務空域※もし緊急用務空域に指定されたら通常のドローンは飛行できません。
  5. 夜間飛行
  6. 目視外飛行
  7. 人又は物件と一定の距離(30m以上)を確保できない飛行
  8. イベント等の催し物上空での飛行
  9. 危険物の輸送
  10. 物件の投下

上記に該当する場合、許可承認が必要です。特定飛行に関するそれぞれの項目については、別のページの解説記事をお読みいただきたいと思いますが、長野県内で特に注意すべき事項に絞って記載させていただくと、空港とDIDでの飛行でしょう。

以下は長野県の空港周辺等とDIDを国土地理院地図で表示させたものです。

長野県国土地理院地図

緑が空港周辺等の表示で、赤色がDID(人口集中地区)です。DIDがよくわからないという方がもしいらっしゃれば、人が多い地域とお考え下さい。

まず、緑色のエリアを見ていきます。このエリアは空港周辺に該当するエリアとなります。こうした空港周辺等に該当する場合は上記の地図で調べると黄緑色で表示され、該当のエリアで一定の高さ以上にかかる場合は飛行許可が必要です。長野県松本市・塩尻市と山形村近辺に松本空港があり、その周辺が緑色で表示されていることがわかります。そのため、飛行にあたっては、注意が必要な場所であることがわかります。なお、松本空港があるところは信州スカイパークという公園となっており、私もよく運動をしに行きます。広い敷地のため、ドローンを飛ばしたいなと思うことも多いです。ただ、空港周辺ということもあり、ドローンの飛行は禁止されています(条例でも公園内の飛行は高さ制限に係らずとも禁止されていたと思います)。

次に、DIDに該当する場所を見ていくと、長野県内は広大な自然が多くあり、山が多いということで、該当する場所はそれほど多くありません。そのため、特定飛行に該当しない飛行は比較的しやすい地域であり、許可なしで飛行させることができる場所は見つけやすいでしょう。ただ、例えば霧ヶ峰などでは原則ドローンの飛行が規制(許可やガイドラインに沿った飛行が必要)されており、特定飛行をしない場合でも飛行許可とは別の届け出や許可が必要になる場所が多くあります。また、物件から距離30mを保つ飛行も難易度が高く、電信柱やガードレールなど、物に該当するものは多いため、注意が必要です。

そのため、DIDに該当しないから、空港周辺でもないからといって飛ばしやすいとは限らず、その他の条例や施設管理者の定める決まりなども見ていく必要があります。

小型無人機等飛行禁止法に注意

国の重要施設およびその周辺の飛行を禁止する法律が小型無人機等飛行禁止法です。

長野県内はそこまで対象施設は多くありませんが、航空法の飛行許可があっても飛行禁止となります。また、航空法とは違い、100g未満のドローンも対象となります。

警察が管轄の法律なので、警察署のホームページで対象施設を確認することができます。

飛行させる場合、対象施設の管理者・所有者からの依頼など、承諾を得て、管轄の警察署を経由して通報を行う必要があります。

長野県でのドローン飛行の魅力

長野県でドローンを飛行させたいという希望はそれなりに多いと感じます。地元の事業者がお仕事で利用されるケースだけでなく、やはり自然が多いので、観光目的で空撮をしたいなどがあります。ただ、観光地になっているような場所の場合、航空法以外の規制もあり、別の根拠からくる許可が必要な場合もあるため注意が必要です。

自然豊かな風景

長野県は美しい山々や湖、渓谷が広がる自然豊かな地域です。これらの風景をドローンで空撮することで、観光プロモーションや自然保護活動などに活用できます。

諏訪湖で飛行させたい、霧ヶ峰で飛行させたいなど、自然を満喫したいという要望は多くあります。

なお、上高地も人気ですが、上高地はこうした観光客にドローンの飛行許可がでることはそうそうなく、難しい許可になります。自治体などとの連携によるPRなど、有益性があれば不可ではない可能性がありますが、基本的には難しい場所です。

※参考記事

観光スポットの空撮

松本城や善光寺、諏訪湖などの観光スポットは、ドローンによる空撮で新たな視点から魅力を伝えることが可能です。特に観光業界では、ドローンを活用したプロモーションが注目されています。

ただし、松本城はドローンの飛行は原則禁止です。国宝など、国が定める重要文化財と指定されている場合、ドローンの飛行を禁止しているケースが大半です。自治体からの依頼で地域発展に貢献するためにドローンを飛ばして撮影する必要があるなど、何かしら強い意義がないと許可が出ないケースが多くなっています。松本城に関しては個人的に許可を取ろうと思ったことがありませんが、その他では事例として重要文化財でも許可が出るケースはあるため、まずは審査の余地があるのか、確認してみるといいでしょう。

ちなみに、善光寺もドローンは禁止です。以前善光寺でドローン墜落がニュースになりましたが、禁止されている場所で勝手に飛行させることはやめましょう。

諏訪湖は禁止されていない(許可や届出は必要)ので、先ほどのページをご覧ください。

事業での利用違反にも注意

建設工事現場での撮影や測量、点検などでドローンを使うケースも増えていますが、無許可あるいは適切な許可が取れていないケースでの違反があります。

近年はコンプライアンス意識の高まりから、こうした法令順守の徹底ができていない事業者への発注を控える動きは増えており、安全面だけでなく、事業運営上でも大きなデメリットがあるので、必ずルールを守って飛行させるようにしてください。

飛行させるときだけでなく、その前段階(飛行計画の通報等)での手続き漏れなども多いので、ご注意ください。

長野県特有のドローン飛行場所や注意事項

先ほど松本城や善行寺での飛行は禁止されていると記載しましたが、観光地が多い長野県内では、各施設の管理者が独特な規制やルールを設けており、許可や届出が必要となる場合が多くなっています。

飛行許可申請は航空法に基づくものであり、100g以上の機体が対象ですが、それ以外の場合では100gかどうかは関係ない場合が多くなっています。

霧ヶ峰や白樺湖などではドローンの苦情が多いことから、特別なガイドラインなどが定められています。

こうした独自のルールを設けている観光地は多いため、適切な許可や届出を怠らないようにご注意ください。

条例も含めて見落としのないようご注意ください。

包括申請で許可された各項目の組み合わせの飛行はできない?

包括申請をしていればどんな飛ばし方でもできると勘違いしている方が一定数いらっしゃり、違反した飛行方法で利用している方も少なくありません。

飛行マニュアルを見ればわかると思いますが、例えば、夜間の目視外飛行は包括申請では不可です。

その他の項目も、組み合わせ次第では飛行できない場合があります。

許可された飛行内容を理解せずに飛行させて違反するケースは多く見られます。最近では、飛行マニュアル違反に対する罰則があるため、確認する方が増えましたが、今一度確認することが重要です。

必要に応じて、飛行マニュアルの修正や許可内容そのものを見直す必要があります。

個別申請が必要なケースも多くなっておりますので、ご注意ください。

アロー行政書士事務所を利用するメリット

アロー行政書士事務所を選ぶことで得られるメリットは以下の通りです。

専門知識と長野県内に関する知識

ドローン飛行許可申請には、法務的側面を含め、専門知識が必要です。アロー行政書士事務所は、各種許認可・ドローン法務の専門家であり、ドローンの飛行の規制に関して豊富な知識を持ち合わせています。ドローンの飛行許可にあたって発生する問題に対応することができ、安心してご依頼いただけるよう努めております。

また、現在は東京に事務所がありますが、地元が長野県なので、飛行させる場所のイメージも付きやすくなっています。

全国対応のオンラインサービス

東京に拠点を置きながら、オンラインで全国のお客様に対応しています。遠方の依頼者でもスムーズに手続きを進めることができます。GoogleMeet、電話、チャット、メールなどお客様のご要望に合わせた方法で対応します。

フレキシブルなサポート

依頼者の状況や要望に応じて、柔軟なサポートを提供します。カスタマイズされたサービスを通じて、最適な許可取得を実現します。

単発の飛行許可申請だけでなく、月額の相談対応なども行っております。

ドローン飛行許可申請代行サービス利用の流れ

1. 初回相談とヒアリング

依頼者のドローン利用目的や飛行場所、使用機体の詳細をヒアリングします。これにより、必要な許可の種類や申請手続きの全体像を把握します。なおヒアリングシートを送付させていただき、記入させていただいたうえでヒアリングさせていただきます。

2. 書類作成

申請にあたって必要となる書類等を作成します。アロー行政書士事務所は、これらの書類作成を迅速かつ正確に行い、依頼者の負担を軽減します。機体によっては詳細な書類が必要になることがあります。

3. 申請手続き

必要書類が揃ったら、国土交通省への申請手続きを行います。オンライン(DIPS)での申請が一般的ですが、申請内容によっては紙ベース(メール)での提出が求められる申請もあります。申請後に追加の情報が求められた場合にも、迅速に対応します。

4. 許可取得とフォローアップ

申請が受理され、許可が下りるまでの間、アロー行政書士事務所がフォローアップを行います。申請内容に問題がある場合は、修正や追加の書類提出を行います。また、許可が下りた後も、飛行計画の変更が必要になった場合には再申請を行うなど、継続的にサポートします。

なお、実際に飛行させるにあたり、飛行計画の通報や飛行日誌で違反するケースがあるため、申請し、許可が取れて終わりではなく、そのあとの注意点などもお伝えします。

長野県でドローンを飛ばすならアロー行政書士事務所へ

長野県でのドローン飛行許可申請を検討している方には、アロー行政書士事務所の利用も検討してみてください。専門知識を持つ行政書士が、依頼者のニーズに応じた最適なサポートを提供します。全国対応のオンラインサービスを通じて、遠方の依頼者でも安心して利用できる環境を整えています。ドローン飛行許可申請の際には、ぜひアロー行政書士事務所をご利用ください。

料金も含めた詳細は、アロー行政書士事務所のドローンサービスページをご覧ください。

長野県内での対応地域

アロー行政書士事務所では、長野県全域でドローン飛行許可申請のサポートを行っています。以下は主な対応地域の一覧です。

主要対応地域

  • 長野市
  • 松本市
  • 上田市
  • 岡谷市
  • 飯田市
  • 諏訪市
  • 須坂市
  • 小諸市
  • 伊那市
  • 駒ヶ根市
  • 中野市
  • 大町市
  • 飯山市
  • 茅野市
  • 塩尻市
  • 佐久市
  • 千曲市
  • 東御市
  • 安曇野市

その他の対応地域

長野県内のその他全域でも対応しております。南佐久郡、諏訪郡、上伊那郡など、オンラインでやりとりができる地域であればご相談可能です。気軽にご相談ください。

執筆者情報

行政書士 樋口智大

アロー行政書士事務所の代表行政書士。
ドローン飛行許可承認申請の代行を始めとして、各種許認可取得サポートを行っている他、自身で会社を設立し起業した経験を活かしたビジネス支援も行っています。行政書士資格の他、宅建士やドローン検定1級などに合格しています。ドローンはDJI Mini 3を保有し、撮影しています。
ご依頼・ご相談などはお問い合わせよりご連絡ください。
所属:日本行政書士会連合会、東京都行政書士会 立川支部