DJI Mini 4 PROの包括申請のやり方とポイント【ドローン飛行許可申請代行事例】

「DJI Mini 4 PRO」の飛行許可承認申請において相談が増えています。

私個人はDJI Mini 4 PROは保有していないのですが、使用者のお話を伺うと、かなり良さそうな印象です。

なお、最近DJI Mini 3 proのセールがあったため、DJI Mini 3 PROの購入者の相談も多いのですが、Mini 3 PROとの違いとしては、全方向検知の障害物センサーが付いたこと、最大通信距離が2km長くなったこと、そしてカメラ性能、飛行性能ともにかなりアップしているところでしょう。比較的良いお話が多いと感じていますが、これらの理由から、屋根点検などの点検業務でも使いやすくなったと思います。風の影響は受けやすいため注意は必要ですが、カメラの性能、障害物検知などにより使いやすくなったと思われます。

許可申請に関してですが、国交省の「資料の一部が省略できる機体」ではないことから、相談が比較的多くあります。ただ、改造とかないのであれば、包括申請であれば難しい申請ではないかと思います。なお、審査の基準ややり方は割と変わる傾向にあるので、あくまで参考程度にご覧いただくようにお願いします。また、申請の事例についてはあくまで可能な部分での紹介です。

アロー行政書士事務所では、国交省ホームページ非掲載機の包括申請に関しても、掲載機と同様の価格税込22,000円(1名・1台)で申請の代行などを行っております。なお、更に現在キャンペーンで、本機体においては、税込14,300円で包括申請の代行を行っております。

また、法務相談を含めた相談プランもございます。

申請でお困りでしたら気軽にお問合せください。以下よりサービスの詳細をご確認いただけます。

DJI Mini 4 PROは資料が省略できないため飛行許可申請時の編集画面で入力項目が多くなる

入力項目は非常に多いのですが、マニュアルを見ながら入れていけば問題ありません。

機体仕様に関する資料提出」画面では、機体の写真を正面、側面、上面を撮影しましょう。

操縦装置に関する情報に関しては、これは、使用するものの名称を入れていただくだけです。製造社名はDJIでしょう。

このあたりは、おそらく普通にできるものと想定されます。マニュアルを見ながらやりましょう。

間違いやすいポイントは、運用限界に関する情報の項目かと思います。

ここの最高速度が、「㎞/h」となっているのですが、おそらく取説には「m/s」での表記になっているのかなと思います。

なので、マニュアルに載っている数値を㎞あたりの時間での数値に変換しましょう。

1秒あたり16mということなので、1時間で57,600m、つまり、57.6㎞/hとなります。

他の項目もマニュアルを参照しながら入力すれば時間はかかりますが、おそらくできるものと思われます。

この辺りも含め、手間がかかるのは避けられませんが、頑張って入力する必要があります。

なお、大容量バッテリーがついてくるものを購入し、大容量バッテリー(インテリジェントフライトバッテリーplus)で飛行させる場合、当該バッテリーの数値での記載で申請する必要がありますのでご注意ください。また、プロペラガードは付けられません。

基本的な包括申請のやり方は以下のページを参考にしてください

基本的な包括申請のやり方については、包括申請とは?のページで記載しているため、省略します。

すべてにおいて共通というわけではありませんが、ご参考ください。

DJI Mini 4 PRO包括申請(DID・人物30m未満・目視外飛行・夜間飛行)の追加基準について

DJI Mini 4 PROにおいて、DID、人物30m、夜間飛行、目視外の4項目の包括申請を行いましたので、それらの追加基準に関する項目の記載や添付書類を付けていく必要があります。

第三者に接触した際の危害を軽減する構造を有することへの対応(DID・人物30mの部分において)とプロペラガードの問題について

以下は入力画面を開いたページです。

ここは飛行させる際にどのような飛ばし方をするのかにより選択肢は変わってくるかと思います。

注意点としては、プロペラガードを付ける場合は、純正のプロペラガードじゃないと申請が難しいということです。

プロペラガードを付けるのか、つけないのか、あるいはプロペラガードをつけるかもしれないしつけないかもしれないなど、状況に応じて必要な選択あるいは記載、添付書類を付ける必要があります。

プロペラガードを付ける場合とつけない場合を想定した申請を行うことも可能です。

目視外飛行を行うための追加記載内容

基本的に自動操縦は行わないかと思いますので、そのような記載での申請が必須かと思います(以下DIPS画面画像)。

DJI Mini 4 PROは「メーカー指定の自動操縦システム・・・」は選択できませんので、大丈夫ですが、自動操縦システムを装備しているの装備している、という言葉は、自動操縦システムを使用するということなのでご注意ください。自動操縦しないのであれば、しない選択肢を選び必要があります。

他の機体では、メーカー指定の自動操縦システムと純正のカメラを備えており、当該選択肢が選べるケースもありますが、自動操縦システムを装備しという言葉の意味が、それを使用するという意味になるとの注意書きがあるので、つまり大半は自動操縦は使わない飛行が多いことを考えると、ここの選択にはご注意ください。

普通にドローンを購入し、空撮などで利用される方はモニターを見ながら、あるいはFPVゴーグルつけて操縦するケースが多いかと思いますので、それは自動操縦ではありません。

灯火に関する資料

DJI Mini 4 PROは灯火するので、それらに関する記載・添付をすれば基本的には問題ありません。

その他の項目

フェールセーフ機能なども選択肢、入力していきましょう。

包括申請の場合は独自飛行マニュアルを使用することが多い

航空局標準マニュアル②あるいは独自マニュアルを添付することになるかと思います。

どのような飛ばし方をするかにもよりますが、ほとんどの場合で風速の問題などが出てくるため、基本的に独自飛行マニュアルを作成し、添付するケースが多くなっています。

そもそもマニュアルを見たことがない、という方が意外と多いので、安全管理体制に関する記述も含め、マニュアルには目を通すとともに、こうした違反しやすいポイントなんかも説明させていただいております。

意外と飛行マニュアル違反をしている人が多い

上記の飛行マニュアルに係わることですが、例えば、目視外飛行をする際に、補助者の配置や立入り管理措置が必要なことを知らない方が多くいらっしゃいます。

飛行マニュアルを見たことがない、という方もいらっしゃり、単純にポチポチチェックしているだけという方もいらっしゃいます。

許可書を見ると、飛行マニュアルを守って飛ばすことが条件になっています。

他にもいろいろあるのですが、まずは、最低限自分が使用する飛行マニュアルに何が書かれているのか、目を通すようにしましょう。

DJI Mini 4 PROの包括申請の代行

ドローンを最近始める、という方が増えており、DJI Mini 4PROを購入される方もいらっしゃいます。特に屋根や外壁などの点検でドローンを使い始める方が増えており、内容によってはDJI Mini4Proも十分戦力となるでしょう。

包括申請をするにあたり、代わりにお願いしたいなどの希望があればお知らせください。

許可項目としては、DID(人口集中地区)での飛行、目視外飛行、夜間飛行、人又は物件から30m未満での飛行の4項目、期間1年、日本全国を飛行範囲とする申請となります。

独自飛行マニュアルやよくある違反例などもお伝えさせていただいております。

価格は、機体1台・操縦者1名で22,000円(税込)のところ、現在14,300円で提供しております。

ドローン飛行許可申請に関するサービスについては以下のページをご参考ください。

※あくまで本記事掲載当時の情報となるため、法改正等で変更されている部分がある可能性はあります。詳細はお問い合わせください。

包括申請キャンペーン!11,000円~
Dji Air 3やMini 3等対象
緩和された独自マニュアル付!
よくある違反事例や飛行計画の通報のやり方もお伝えしています。

執筆者情報

行政書士 樋口智大

アロー行政書士事務所の代表行政書士。
ドローン飛行許可承認申請の代行を始めとして、各種許認可取得サポートを行っている他、自身で会社を設立し起業した経験を活かしたビジネス支援も行っています。行政書士資格の他、宅建士やドローン検定1級などに合格しています。ドローンはDJI Mini 3を保有し、撮影しています。
ドローン飛行許可申請ガイドの運営を行っています。ぜひご覧ください。
ご依頼・ご相談などはお問い合わせよりご連絡ください。
所属:日本行政書士会連合会、東京都行政書士会