当事務所は、インボイス登録済みです。ご安心ください。

ドローン飛行許可承認申請サービスの概要は以下よりご確認ください。

新規包括申請

包括申請代行の報酬額と内容詳細
22,000円(税込)

25kg未満のドローンにおける包括申請代行サービスの料金と内容
単に申請するのではなく、違反を避けるためのアドバイスや必要な情報をお伝えしています。
期間「1年」、飛行範囲「日本全国」

期間1年、飛行範囲を日本全国とした包括申請です。稀に特定の都道府県のみでの許可を取得される方がいらっしゃいますが、現時点でメリットがないため、日本全国で申請しております。

許可項目:「人口集中地区(DID)」、「夜間飛行」、「目視外飛行」、「人又は物件から30m未満の飛行」の4項目

業務で利用する4飛行についての包括申請手続きを行います。総飛行実績10時間以上、目視外飛行、夜間飛行それぞれ1時間以上の飛行実績が必要です。なお、自己申告制なため、飛行時間を証明する書類は不要です。

操縦者1名、機体1台(3名・3台までのお得なプランもあります)

操縦者1名、機体1台での価格です。3,300円の追加料金(税込25,300円)で、3名・3台まで対応することも可能です。

国交省ホームページ掲載機も基本的に追加料金なし

改造機や特殊な機体を除き、DJI社製ドローン(Avata2やDJI Mini4Pro等)で国交省HP非掲載機も追加料金はありません。追加料金がかかる特殊な機体の場合は別途お見積りさせてください。機体4台目からは、国交省HP非掲載機と国交省HP掲載機とで料金が異なります。

制限が緩和されたアロー行政書士事務所独自の飛行マニュアル

風速、離発着場所30m未満など、制限が緩和された飛行マニュアルで申請します。灯火がないドローンを夜間に飛行させる場合における措置も記載しております。

よくある違反例など飛行マニュアル違反も含めた簡単な資料

違反しがちなポイントをまとめた資料をお渡ししております。包括申請でできること、できないことがあります。

プロペラガードあり、なし、など場合分けの申請を行っています

機体やお客様の飛行内容によるところはありますが、プロペラガードを付ける場合、つけない場合など、複数の状況に対応できるような申請を行っています。仕様上プロペラガードが外せない、つけられない、認められない機体については無理な場合があります。

メーカー指定の自動操縦システムを使用する場合、使用しない場合などの場合分けの申請を行っています

一般的なドローンユーザーの場合、自動操縦は行わない方が多くなっていますが、点検業者様などでは自動操縦をする場合、しない場合が想定される場合があり、それらを考慮した申請を行います。なお、国交省HP掲載機において、メーカー指定ではない自動操縦システムを使用する場合、許可申請における改造にあたるため、追加で諸資料が必要です。

飛行計画の通報のやり方など

飛行計画の通報のやり方の動画などをお渡ししております。

オプション料金

・操縦者追加1名:2,200円
・機体の追加1台:3,300円(国交省HP非掲載機は6,600円)
※操縦者3人・機体3台までは25,300円が最大金額となり、最も安い金額で対応します。
・危険物輸送/物件投下:11,000円
・25kg以上のドローン:22,000円追加

記載のない内容が発生した場合お見積りいたします。
機体登録時に改造や自作機で申請している場合要相談。

これらの内容を含んだ金額です。

※機体登録は済んでいる前提となります。機体登録から行う場合別途機体登録費用がかかります。

飛行許可変更申請

変更申請(既にお持ちの包括申請に機体を追加等)
5,500円~(税込)

既にお持ちの許可申請の変更申請も可能です。
内容により金額が異なるため、以下各項目の金額をご参考ください。
包括申請で飛行マニュアルを緩和された当社独自のもの(独自飛行マニュアル)に変更する場合:11,000円

標準マニュアルではなく、独自飛行マニュアルが必要な場合の変更申請です。ただし、既にお持ちの許可内容によります。

包括申請の機体情報の変更申請:5,500円(1台あたり)

既に申請済みの機体において情報の変更申請が必要な場合の金額です。ただし、自作機や改造機等の場合要相談。また、飛行許可申請における改造にあたる申請の場合もご相談させていただく場合があります。
※機体登録の改造と飛行許可申請の改造とは定義が異なります。

包括申請への機体の追加:5,500円(※国交省HP非掲載機の場合11,000円)

機体1台あたりの金額です。

※内容のよるため参考としてご覧ください。

飛行許可個別申請

個別申請の報酬額
33,000円~(税込)

ドローンショーや花火大会など個別申請が必要となる許可申請も多くなっています。
基本的に状況をお伺いしないとわからないため、参考程度にご覧ください。
空港等周辺での飛行:33,000円~

空港等周辺にかかる申請は基本的に33,000円ですが、飛行内容や調整先によって要相談。

150m以上の高さでの飛行:33,000円~

単体での申請だけでなく、複合的な難易度の高い申請になることが多いため、お見積りとなります。調整先等によるところもあります。

イベント上空での飛行:33,000円~

複合的で難しい申請になるケースが多く、状況をお伺いさせていただき、お見積りとなります。また、イベントに該当するのかしないのかの判断、イベント上空になるのかどうかの判断も難しく、進め方も難しいため余裕を持った進行が必要です。夜間の目視外飛行が求められるケースも多くなっています。

独自飛行マニュアル追加料金:11,000円~

飛行内容によっては、標準マニュアル1では対応できず、独自飛行マニュアルの作成が必要となります。特に花火大会における高高度でイベントで夜間の目視外飛行など、体制部分で相談も必要となることから、一緒に作り上げていける必要があります。

※内容のよるため参考としてご覧ください。
※国交省サイト非掲載機の場合別途お見積り

飛行許可更新

飛行許可更新申請
11,000円~(税込)

当事務所で申請した場合とそうでない場合で金額が異なります。
包括申請更新申請①:11,000円

当事務所で包括申請した場合の料金です。同一の内容での更新となります。なお、変更がある場合に変更申請となる場合追加で料金がかかります。

包括申請更新申請②:22,000円

当事務所に関わらず、更新申請をする場合となります。同一の内容での更新となります。変更がある場合、変更申請の料金が追加でかかります。

※同一の内容での更新となります

年間サポートプラン

包括申請年間サポートパックや法務相談プランなど
年間サポートプラン
月額11,000円~(税込)

月額の飛行相談プランもございます。
月額プランについては、詳細はお問い合わせください。
お断りさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。
包括申請年間サポートパック:11,000円(月額)

・包括申請年間サポートパックは1年契約です。
・途中解約の場合、解約金22,000円。
・ご依頼後、電子契約を締結させていただきます。
・操縦者追加、機体追加(変更申請)が何回でも無料です。更新申請も無料です。※初回の包括申請もサポートパック料金に含まれています。
・包括申請に関する相談は無制限で無料です。
・包括申請を複数行う場合、複数申請分に関しては別途料金がかかります。
・飛行場所調査業務は別途料金がかかります。
・個別申請は別途代行料金がかかります。
・機体登録は対象外です。

ドローン法務相談プラン:13,200円(月額)

ドローンの飛行に関する相談が無制限で行えます。
申請の代行は別途料金がかかりますが、包括申請は20%割引となります。
相談はチャットワークでの対応に限定させていただきます。

年間サポートプランよくある質問

・機体登録は別途費用
・包括申請プランにおいて個別申請の代行は別途費用
・現地調査、飛行場所調査は別途費用
・チャットワーク1名のみ
・飛行計画の通報の代行や飛行日誌の代行は対象外
・相談は具体的な内容でお願いしています

※内容のよるため参考としてご覧ください。

機体登録等その他申請

その他飛行許可申請オプション料金
11,000円~(税込)

当事務所で申請した場合とそうでない場合で金額が異なります。
機体登録:11,000円(1台あたり)

機体登録は1台あたりの金額です。なお、機体登録に関しては、行政書士に依頼するよりも、ご自身でやった方が楽です。ただし、機体の台数が多い場合などはこの限りではありません。。

道路使用許可:55,000円

ドローンの離着陸を歩道や道路で行うなど、場合により道路使用許可が必要となるケースがあります。

道路占用許可:88,000円~

ほとんどありませんが、撮影などがメインで、ついでにドローンを利用する場合において、道路占用許可が求められるケースもゼロではありません。

国有林入林届:22,000円

国有林で飛行させる場合、入林届が必要です。

※内容のよるため参考としてご覧ください。
※国交省サイト非掲載機の場合別途お見積り

包括申請キャンペーン!11,000円~
Dji Air 3やMini 3等対象
緩和された独自マニュアル付!
よくある違反事例や飛行計画の通報のやり方もお伝えしています。