ドローンスクールの登録講習機関の申請を
行政書士がサポート

国家資格無人航空機操縦技能証明試験を行いたいスクール・機関の立ち上げをサポート!

ドローンの登録講習機関の
申請サポート

国家資格無人航空機操縦技能証明試験を行いたいスクール・機関の開設を行政書士がサポート!
CONCEPT

専門知識が必要な
登録講習機関の申請をサポート!

事務規程や添付書類などの複雑な書類作成を支援

ドローン操縦者を育成するにあたって重要な役割を担う登録講習機関の登録申請では、国土交通省へ事務規程や数多くの添付書類の提出が求められます。申請でお困りのことがあれば、ご相談ください。

FEATURE

サービスの特徴

オンラインツールで日本全国対応
ZoomやGoogleMeet、チャット、メール、電話など、各種ツールを活用し、全国の登録講習機関の登録申請のサポートが可能です。
事務規程だけのポイント対応も可
事務規程だけお願いしたい、あるいは補正を受けたが対応が難しく、途中からのサポートをお願いしたいなどの対応も可能です。
登録ができなかった際は全額返金
ご依頼いただいたにも関わらず登録ができなかった場合、前払いでお振込みいただいた代金全額を返金いたします。
PLAN

登録講習機関申請サポートの料金

以下料金については参考としてご覧ください。お見積りいたしますので、まずはお問い合わせください。
登録申請から事務規程・添付資料の作成届出
440,000円
税込金額
  • ・1等、2等無人航空機操縦士講習機関の場合
    ・目視外、昼間の限定解除
    ・講師5名
    ・1事務所、2実習空域

    ※二等のみ、一等のみや事務所数・実習空域数、25kgの限定解除など、諸条件・状況により金額に変更が生じます。
    まずはお問合せいただき、お見積りを提出させていただきます。
事務規程・添付資料の作成届出のみ
220,000円
税込金額
  • 事務規程・添付資料の作成にあたっても、左記(上記)記載の条件と同様です。
    いずれにせよ、まずはお見積りとなりますので、「講習機関の種類(一等、二等、両方)」、事務所数、実習空域数、講師数などにより金額が変わってきます。
事務規程など必要書類テンプレート提供
165,000円
税込金額
  • DIPS申請、添付文書、事務規程など使用する必要書類のテンプレート一式を提供いたします。

*予告なくサービス内容を変更する可能性があります。
*上記金額とは別に登録免許税9万円(1等、2等それぞれ)かかります。

FLOW

登録講習機関の登録フロー

登録講習機関の登録までの大まかな流れは以下のとおりとなります。登録後の運用についてはこのページでは記載しておりませんが、登録後の運用や監査対応なども必要です。
DIPSシステム上で登録申請
DIPSのシステム上で、申請者情報、講習事務内容等を入力し、申請します。
メールで添付書類を提出
添付書類一式をメールで航空局に対して提出します。
登録免許税納付
1等、2等それぞれ9万円の登録免許税を支払います。
登録講習機関登録証受領
航空局から郵送にて登録講習機関登録証を受領します。
事務規程を航空局へ届出
メールで事務規程を送付します。事務規程の届出の代行のみも受け付けております。
講習事務規程の受領連絡
内容の確認完了後、航空局より申請者にメールで受領連絡があります。

登録講習機関の申請手続きでお悩みであれば
ご相談ください